オーディションの種類

赤ちゃんモデルを目指すなら、オーディションの応募が一般的です。赤ちゃんモデルのほとんどが、オーディションから事務所に所属したり、おむつモデルの契約を結んだりしています。赤ちゃんモデルになる際に、ごくまれにスカウトされるという例もありますが、これは全くの運任せなので、確実な方法ではありません。

赤ちゃんモデルになるために最も確実な方法は、モデル事務所や子役事務所のオーディションを受けることです。これらのオーディションに合格すれば、事務所に所属して、赤ちゃんモデルとしての仕事をもらうことができます。事務所に所属していれば、その気があれば年齢が上がっても芸能界で活躍できるため、一番堅実な方法と言えるでしょう。

参照ホームページ:オーディション| テアトルアカデミー公式WEBサイト
赤ちゃんモデルのオーディションを開いているタレント養成所です。

モデル事務所や子役事務所のオーディションは、基本的に無料で受けられるところが多いです。書類選考の後、カメラの前で実際に撮影をするカメラテストや、面接などの選考を経て、合格すると事務所へ所属できます。その後は事務所の養成所などでレッスンを経て、仕事のオファーが来るのを待つのが一般的です。

もう一つのオーディションは、企業が直接モデルを募集する一般公募があります。オーディションに合格すればCM撮影やパンフレットの表紙など、大きな仕事に即繋がるのが魅力ですが、その倍率は非常に高く、倍率5000倍とも言われています。そのため、確実に赤ちゃんモデルを目指すなら、一般公募より事務所のオーディションの方が簡単です。