オーディションの選び方

赤ちゃんモデルのオーディションを受けるための費用はかかることがありません。大手の芸能事務所である場合でも無料である事がほとんどです。このため、オーディションを受けるために高額な費用を要求されるようなところには注意しましょう。

赤ちゃんモデルのオーディションを選ぶときには、大手の芸能事務所を選ぶのが一番です。大手の事務所だと競争率が高いのではないかと思われますが、大手の芸能事務所なら、赤ちゃんモデルの仕事のオファーもたくさんあるため、活躍のチャンスが増えます。芸能事務所のオーディションは、あくまでも事務所の入所試験です。そのため、オーディションに受かった場合でも、レッスン料を払って毎月モデルとしてのレッスンをしなくてはいけません。大手の芸能事務所であれば、レッスン料もそこまで高くなく、年間10万円程度から、高くても30万程度のところが多いです。

注意しなくてはいけないのが、無料オーディションで人を集め、誰でも合格させて、高額なレッスン費用を取っておきながら仕事のオファーをくれない事務所です。最近はネットの口コミも普及したので、受けたいと思う事務所の口コミを調べるのは特に大切です。子供番組や、子役が出ている番組のスタッフロールに名前が載っているような事務所のオーディションを選ぶのが、オーディション選びには一番おすすめの方法です。

オーディションの種類

赤ちゃんモデルを目指すなら、オーディションの応募が一般的です。赤ちゃんモデルのほとんどが、オーディションから事務所に所属したり、おむつモデルの契約を結んだりしています。赤ちゃんモデルになる際に、ごくまれにスカウトされるという例もありますが、これは全くの運任せなので、確実な方法ではありません。

赤ちゃんモデルになるために最も確実な方法は、モデル事務所や子役事務所のオーディションを受けることです。これらのオーディションに合格すれば、事務所に所属して、赤ちゃんモデルとしての仕事をもらうことができます。事務所に所属していれば、その気があれば年齢が上がっても芸能界で活躍できるため、一番堅実な方法と言えるでしょう。

参照ホームページ:オーディション| テアトルアカデミー公式WEBサイト
赤ちゃんモデルのオーディションを開いているタレント養成所です。

モデル事務所や子役事務所のオーディションは、基本的に無料で受けられるところが多いです。書類選考の後、カメラの前で実際に撮影をするカメラテストや、面接などの選考を経て、合格すると事務所へ所属できます。その後は事務所の養成所などでレッスンを経て、仕事のオファーが来るのを待つのが一般的です。

もう一つのオーディションは、企業が直接モデルを募集する一般公募があります。オーディションに合格すればCM撮影やパンフレットの表紙など、大きな仕事に即繋がるのが魅力ですが、その倍率は非常に高く、倍率5000倍とも言われています。そのため、確実に赤ちゃんモデルを目指すなら、一般公募より事務所のオーディションの方が簡単です。

オーディションは最初の一歩

「かわいい我が子を赤ちゃんモデルにしたい!」という思いで、赤ちゃんモデルのオーディションを受けたいと思っても、赤ちゃんモデルのオーディションに関する情報が少なく、どうしていいかわからない方も多いと思います。実際、赤ちゃんモデルのオーディションと言うものが具体的にどんなものかというのはそれほど知られていません。

まず、赤ちゃんモデルと呼ばれるのは、生後2,3ヶ月から3歳のモデルのことです。たった生後2ヶ月程度でもモデルとして活躍できるのです。たとえば、赤ちゃんモデルでまず思いつくおむつのCMなどは、赤ちゃんモデルは、赤ちゃんだからこそできる仕事です。その他にも、赤ちゃんモデルはベビー用品やベビー服のカタログなどの仕事があります。赤ちゃんモデルは活躍できる期間が限られている分、とてもよい思い出にもなります。

現代は少子化社会と言われており、子供の数は年々減っています。そのため、赤ちゃんモデルの競争率も、昔に比べれば多少落ち着いてきました。赤ちゃんモデルを目指すなら、今一番ちょうどいい時期と言えるのです。

赤ちゃんモデルになるにはオーディションを受ける事が一般的ですが、オーディションに合格して事務所に所属すれば、売れっ子の赤ちゃんモデルになってTV出演などのオファーが来る可能性や、将来的に芸能界で活躍する道が拓ける可能性もあります。当サイトでは、赤ちゃんモデルになるためのオーディションの仕組みや、実際にオーディションを受けるためのポイントをお伝えします。